貼一些歌詞,翻譯後補。

ざわめく心(こころ)に溢(あふ)れる旋律(せんりつ)は風(かぜ)のように

まだ見(み)ぬ明日(あす)へと鮮(あざ)やかに誘(さそ)う

それぞれに描(えか)く想(おも)いで未来(みらい)を紡(つむ)いでゆけば

奇跡(きせき)に微笑(ほほえ)む“いつか”を掴(つか)めるの?


I(アイ) feel(フィ-ル), I(アイ) need(二-ド) you(ユウ), .
… I(アイ) just(ジュスト) miss(ミス) you(ユウ) in(イン) my(マイ) life(ライフ).
離(はな)さないで

あぁ この手(て)を繫(つな)いで行(い)こう

開(ひら)いた未来(みらい)が煌(きら)めく場所(ばしょ)へと


心(こころ)よ はばたいてゆけ

悲(かな)しみを 痛(いた)みを 優(やさ)しさにして

迷(まよ)わないで my(マイ) way(ウェイ)

出逢(であ)えた刹那(せつな)よ 今(いま) 時間(とき)を超(こ)え君(きみ)と共(とも)に輝(かがや)け

さぁ 永遠(とわ)に


誓(ちか)いが儚(はかな)く溶(と)けてく やるせない夜(よる)に響(ひび)く

すれ違(ちが)う星(ほし)の運命(さだめ)が胸打(むねう)つ

果(は)てしない空(そら)の御許(みもと)で鼓動(こどう)を重(かさ)ねた僕等(ぼくなど)

こらえた涙(なみだ)の果(は)てには何(なに)がある?


I will never leave you.

忘(わす)れないで

あぁ 君(きみ)が教(おし)えてくれた

踏(ぶ)み出(だ)す勇気(ゆうき)をかかえて飛(と)び出(だ)そう


絆(きずな)を 繋(つな)いだなら

カケガエノナイモノ(かけがえのないもの) 守(まも)る力(ちから)を

失(な)くさないで 抱(だ)いて

弱(よわ)さを知(し)るその度(たび) 僕(ぼく)はまた強(つよ)くなって行(い)くんだ

そう 永遠(とわ)に


I(アイ) feel(フィ-ル), I(アイ) need(二-ド) you(ユウ), .
… I(アイ) just(ジュスト) miss(ミス) you(ユウ) in(イン) my(マイ) life(ライフ).
離(はな)さないで

あぁ この手(て)を繫(つな)いで行(い)こう

開(ひら)いた未来(みらい)が煌(きら)めく場所(ばしょ)へと


心(こころ)よ はばたいて行(ゆ)け

壊(こわ)れそうな愛(いと)しさ こぼれるままに

分(わ)け合(あ)えば Heaven

時(とき)には戸惑(とまど)いながら 終(お)わらない夢(ゆめ)を描(か)き続(つづ)けよう

 

さぁ 永遠(とわ)に


心(こころ)よ はばたいてゆけ

悲(かな)しみを 痛(いた)みを 優(やさ)しさにして

迷(まよ)わないで my(マイ) way(ウェイ)

出逢(であ)えた刹那(せつな)よ 今(いま) 時間(とき)を超(こ)え君(きみ)と共(とも)に輝(かがや)け

さぁ 永遠(とわ)に







オープニングテーマ「片翼のイカロス」

 

作詞:上松範康
作曲:上松範康
編曲:藤間 仁

歌:榊原ゆい


無くした過去 飛べない空 消えない傷も
君がいたから 笑い合えたんだ...

蒼の丘には ぎゃっとした思い出が
降り積もり僕に夢を与える
星の夜には 遠くオリオン指して
羽が無い事を忘れた

僕は光がなくて それで良かった
ただ君だけは 「どうして?」と僕を見ては
泣いた...

「鳥になれば風になれば叶うのかな?」
僕はそんな意地悪言って
「二人でなら手を合わせて翼だね」
強い君の声に 鳴呼 何故か涙が溢れてた


君はいつでも 僕の陽だまりだから
眩しすぎてたまにつらくなるよ
はしゃいだ記憶 恋を指切りしたら
「ありがとう」が心焦がした

そして世界は急に 動き出すんだ
モノクロの花は 虹のように咲くはずさ
きっと...

「色褪せない思い出たち胸にいますか?」
緑広がる 高原翔けて
ふと両手を広げたなら感じるはず
そうさ無限の今 さあ唄と共に羽ばたこうよ

つないだ手は 雲を切って
大空という 居場所くれた
守る強をは 生きる強を
もっと高く もっと高く
飛んでみたいから... Ah

「鳥になれば風になれば叶うのかな?」
僕はそんな意地悪言って
「二人でなら手を合わせて翼だね」
強い君の声に 鳴呼 何故か涙が溢れてた

創作者介紹
創作者 NeRi 的頭像
NeRi

羽璃〝音織☆

NeRi 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()